• Staff

ワーキングホリデーの方の採用

 

 日本でワーキングホリデーとして働かれている外国人の方は「特定活動」の在留資格を所持されております。この資格の在留期限内であり、労働基準法に準ずれば、就労時間や就労先は、風俗営業許可を要する事業所で働くことを禁止されてる以外、特段制限されていません。ですので、元々働いていた勤務場所を変えて正社員としてもアルバイトとしても就業することは可能です。学校に行くことも可能です。

 ワーキングホリデーの後に、現在の勤務先で就労ビザに変更する場合はアルバイトから正社員採用となり、在留資格を変更されたい場合は通常の変更の手続きとなりますので、こちらの記事をご参考ください。

採用のための在留資格(ビザ)の変更手続き



*上記の内容については、これまでに外国人求職者の在留資格の変更をサポートした経験や外国人在留総合インフォメーションセンターに問い合わせて作成したものです。弊社自体は行政書士の資格を所持しておりませんので、法的な責任は取りかねますので内容の詳細な確認は入国管理局までお問い合わせください。